有料表示や再確認画面がない出会い系サイト

この法律において電子消費者契約とは消費者と事業者との間で電磁的方法により電子計算機の映像面を介して諦結される契約であり、事業者又はその委託を受けた者が当該映像面に表示する手続きに従って消費者がその使用する電子計算機を用いて送信することによってその申し込み又はその承諾の意思表示を行うものとする。

解説

この法律はつまりネット上で契約する時には必ず業者は消費者に対して再度、意思確認をしないといけないということです。有料の表示や確認画面がなければ無効になります。

 

従って『登録』→『本登録確認』という流れがなければ契約は無効になります。なので出会い系サイトでいう自動登録・同時登録・クリック登録の出会い系サイトなどは一切相手にする必要はありませんよ。

電子消費者契約法関連ページ

退去妨害
出会い系サイトにあてはまる退去妨害の法律について説明しています。
不実告知・不利益事実の不告知
出会い系サイトによくあてはまる不実告知・不利益事実の不告知の法律について説明しています。
損害賠償の額
出会い系サイトにもあてはまる消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効について説明しています。
公序良俗違反
民法第90条の公序良俗違反について説明しています。
迷惑メール規制法
不特定多数に送信される広告(スパム)メールを制限する為の法律、迷惑メール規正法について説明しています。
出会い系サイト規制法
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律、いわゆる出会い系サイト規制法について説明しているページです。