有料サイトにもかかわらず無料サイトと明記したサイト

消費者は事業者が消費者契約の締結について勧誘するに際し、消費者に対してある重要事項又は重要事項に関連する事項について消費者の利益になる旨をつげ、かつ、重要事項について消費者の不利益になる事実を故意に告げなかった事により、消費者が誤認しそれによって消費者契約の申し込み又は承諾の意思をした時はこれを取り消す事が出来る。
ただし事業者が当該事実を告げようとしたにもかかわらず当該消費者がこれを拒んだ場合はこのかぎりではない。

解説

分かりやすく説明すると消費者に嘘をついて物を売ったり消費者に不利益になるような事実を告げずに契約を取った場合は無効という事です。

 

出会い系にあてはめると本当は有料サイトにもかかわらず、完全無料サイトと明記したり、ユーザーにわかりやすいように明記してなかったりした場合はこの法律により無効を主張できるという事です。

不実告知・不利益事実の不告知関連ページ

電子消費者契約法
出会い系にあてはまる電子消費者契約法を説明しています。
退去妨害
出会い系サイトにあてはまる退去妨害の法律について説明しています。
損害賠償の額
出会い系サイトにもあてはまる消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効について説明しています。
公序良俗違反
民法第90条の公序良俗違反について説明しています。
迷惑メール規制法
不特定多数に送信される広告(スパム)メールを制限する為の法律、迷惑メール規正法について説明しています。
出会い系サイト規制法
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律、いわゆる出会い系サイト規制法について説明しているページです。