広告メールを打つには表示義務が必要な法律

【特定電子メールの送信の適正化等に関する法律】

解説

通称“迷惑メール規正法”あるいは“特定メール送信法”と呼ばれ、不特定多数に送信される広告(スパム)メールが社会問題となった際に、その行為を制限する為に2002年7月に施行された法律です。

 

具体的には特定電子メール(広告メール)である表示義務で

 

@表題における『未承諾広告※』の表記
A当該送信者の氏名又は名称及び住所
B当該特定電子メールの送信に用いた電子メールアドレス
C当該送信者宛の返信用メールアドレス)を初め、送信拒否を希望する者に対する再送信の禁止、存在しない架空のメールアドレスを用いた送信の禁止

 

などを定めたものです。

迷惑メール規制法関連ページ

電子消費者契約法
出会い系にあてはまる電子消費者契約法を説明しています。
退去妨害
出会い系サイトにあてはまる退去妨害の法律について説明しています。
不実告知・不利益事実の不告知
出会い系サイトによくあてはまる不実告知・不利益事実の不告知の法律について説明しています。
損害賠償の額
出会い系サイトにもあてはまる消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効について説明しています。
公序良俗違反
民法第90条の公序良俗違反について説明しています。
出会い系サイト規制法
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律、いわゆる出会い系サイト規制法について説明しているページです。