相手と会いたいなら容姿は素直に伝える

出会い系サイトで必ず失敗する男性の特徴。

 

それは、自分の容姿に嘘をつく男性です。

 

本当は大した格好良くもないのに、女性からメールが欲しくて自分は格好いいことをアピールして書いてしまう人がいます。

 

「顔はキムタクに似ています」
「身長が180cmあります」
「よく街を歩いてるとモデルにならないか?とスカウトされることがあります」
「学生時代は格好良いと女子から言われてました」

 

こんなこと間違ってもプロフィールに書かないで下さい。

 

今時こんなことを書いても誰も信じる女性はいません。

 

女性はナルシストがあまり好きではない人も多いです。

 

こんな嘘をついても、女性からメールを貰えるなんて思わないで下さい。

 

しかし、おバカな女性であれば引っかかってメールをくれるかも知れません。

 

でもあなたは嘘をこのままつき続けて良いと思ってるのでしょうか?

 

メールのやり取りを続けて、ある程度仲良くなれば「実際にお会いしまょう」と女性から言われたり「写真の交換をしませんか?」と言われることがあるかも知れません。

 

もしそうなれば、あなたはイケメンではなくブサイクであることが全て嘘だとバレてしまうのです。

 

女性は男性をイケメンで選ぶ程酷い人ばかりではありません。

 

顔はイマイチでも、性格が優しかったり自分と価値観の合う人であれば好きになってしまうのです。

 

お笑い芸人を見てみて下さい。

 

何故ブサイク芸人の妻が美人なことが多いか?それは、顔じゃなくて性格で選んでいるからです。

 

美人に好かれたければ、容姿を偽って書いてはいけません。

容姿を偽って書いてはいけない関連ページ

相手の探し方
出会い系サイトが決まったらさっそく好みの相手を掲示板で探すのですが、掲示板で書き込みしている相手にメールするか掲示板に書き込みしてその返事を待つという2パターンあります
出会い系のメールで一番大切な事
出会い系サイトを利用する上でメールのやりとりで一番大切な事はポイントをケチらないという事です。
プロフィールの書き方
プロフィールで注意することは自分はこんなにいい人間なのよという事をひたすらPRしたり、自分は自分はと自分の事を説明してしまうと、本当の事であっても、単なる自慢や独りよがりに聞こえてしまうことがあるからです。
掲示板タイトルの書き方
出会い系サイトで掲示板に書き込みして返事を待つ場合、まず文章の書き方で返事がくるかこないかが決まってしまいます。
写メの撮り方
出会い系サイトでは写メは重要なウェイトを占めています。写メがない男性はスルーされやすいので、効果的な写メの撮り方を教えます。
読んでもらえるメールを書く
出会い系サイトでは、せっかく出したメールのほとんどは読まれずに受信ボックスに埋もれていきます。そうならないために読んでもらえるメールを書くテクニックを教えます。
メールの主導権を握る
出会い系による主導権とはどちらが相手に大きく好意を持っているか?になります。つまり、メールの主導権を握っているほうが好意をもたれるのです。
ドキドキさせるメールを書く
出会い系サイトを利用している人はドキドキわくわくしたいから登録している人がほとんどです。相手をドキドキさせるメールを書きましょう。
言葉のとらえ方を変える
言葉のとらえ方を少し変えるだけでものすごい威力を発揮することができます。
落としやすい相手
女性を落とすのって余程、場数を踏んで慣れてないとなかなか難しいですが出会い系サイトで落としやすい相手を教えちゃいます。
女性は指定に弱い
女の子はなかなか自分から日を指定しにくいもの。指定してくれる人は頼りがいも感じちゃうくらい有効なんです。優柔不断はだめです。
人妻は狙い目
出会い系サイトで人妻は大いに狙い目です。それは欲求不満が多いからです。
褒め上手になれ
女性が褒められたいポイントは女性はいくつになっても、可愛く美しくありたいものです。褒め上手になる事で女性に一歩近づける事、間違いなしです。
出会い系歴を聞く
出会い系サイトで女性とメールのやりとりが始まったら相手の出会い経歴を聞いてあげてください。そこでまだ浅い女の子ならばチャンスです。
プリクラ写真に騙されるな